お知らせ

お知らせ
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
▶︎2012年

一般社団法人 みやぎ医療福祉情報ネットワーク協議会(MMWIN)設立記念総会 報告

平成24年7月25日

2012年6月7日にMMWINは一般社団法人となりました。この機会にMMWINとその活動を広く関係者にお知らせすべく、設立記念総会を同7月19日にハーネル仙台にて開催いたしました。式次第にコメントを加える形で内容をご報告申しあげます。


第1部 設立記念総会(19:00~20:00)

 県内外から総計100名のご参加をいただきました。内訳は以下の通りです。
 省庁・県行政関係 18名 病院院長(または関係者)23名 医師会4名 診療所1名 介護関係5名 薬局・薬剤師会4名 歯科医師会5名 MMWINアドバイザー2名 同システム構築委員会関係 15名 大学関係4名 その他

進行:事務局
  1. 開会
  2. 理事長ご挨拶
    一般社団法人みやぎ医療福祉情報ネットワーク協議会 理事長
    宮城県医師会長
    嘉数 研二 様
  3. ご挨拶
    総務省東北総合通信局長 武井 俊幸 様
    厚生労働省東北厚生局長 藤木 則夫 様
    宮城県保健福祉部長 岡部 敦 様
    東北大学病院長 下瀬川 徹 様
    気仙沼市医師会長 大友 仁 様
    地域医療福祉情報連携協議会会長・東京医科歯科大学教授 田中 博 様
  4. 一般社団法人みやぎ医療福祉情報ネットワーク協議会とその事業について
    1 経緯・設立趣旨・定款・組織構成等について (事務局) 資料のダウンロード
    (PDF 1.13 MB)
    2 総務省東北地域医療情報連携基盤構築事業
    :石巻・気仙沼医療圏事業について
    ( MMWINシステム構築委員会委員長
    東北大学メディカルメガバンク教授 中谷純 )
    3 総務省東北地域医療情報連携基盤構築事業
    :仙台医療圏事業について(中谷)
    4 質疑応答

    1. 電子カルテを既に導入している施設の場合、既存のデータをどのように移行させるのか教えて欲しい。→既存のシステムのデータをSSMIXⅡの形式で吸い上げて、それを診療情報連携基盤サーバーのデータベース内に格納する。そこを参照することによって、既存のシステムとの整合性を保つことができる。
    2. 電子カルテを導入していない施設について、理由はキーボードでの入力に対する抵抗、手間があるようだ。また紙カルテ上のデータをどのように移行していくのかということも、今後問題になると思うがどうか。→ペン入力や、OCRによる既存紙カルテの読み込み等の入力方法を検討している。具体的な内容については、実装仕様の中で説明させていだたきたい。
    5 その他

    急きょ駆け付けてくださった本協議会アドバイザーの柴田真吾先生(大村市民病院、あじさいネット運営法人理事)から、激励の言葉をいただいた。
  5. 閉会


第2部 懇親会 (20:00~21:00)

進行:事務局 斎藤 慶治
56名の参加者でビールや食べ物を囲み、にぎやかに懇談が進みました。

1.開会
2.挨拶・乾杯 東北大学メディカルメガバンク医療情報ICT部門長 冨永 悌二 様
3.会食
4.閉会