医療関係者の方

医療関係者の方
MMWINとは
システム・機能概要
診療情報参照システム
調剤情報システム
文書連携システム
センダードネット
スマイルネット
眼科連携システム
画像システム
MMWIN加入の利点
導入モデル・ユースケース
病院・診療所例
薬局例
MMWIN(エムエムウィン)とは

東日本大震災をきっかけに、万一の災害・事故においても二度と情報を失うことのないような診療情報のバックアップ体制と、他施設との診療情報共有を目的とした情報ネットワークの構築を目指しています。


システム・機能概要(病院・診療所・薬局向けシステム)

MMWINには、すべての診療科の方にお使いいただける診療情報参照システムと、各診療科・薬局に特化したサブシステムが存在します。

診療情報参照システム-全診療科対象

MMWINの診療情報参照システムでは、時系列表示で長期に渡る検査結果の数値変化などの診療経過と、カレンダー表示で施設横断的に1画面で時系列にて発生イベントが閲覧可能です。

調剤情報システム

調剤情報システムには、「投薬カレンダー」で他薬局の調剤を含めた投薬計画が確認でき、成分重複や薬効重複の有無を確認、「処方箋チェック」で処方箋同士の併用禁忌薬の確認ができます。

文書連携システム-全診療科対象

文書連携システムを活用する事により、紹介状や透析記録などの登録文書データを他施設と共有できます。

文書管理システム導入により、自動的に透析記録のバックアップを取ることができ、透析に対する多くの情報を閲覧する事が可能となります。

センダードネット-産科、婦人科対象

センダードネットシステムは通信ネットワーク上で、検診施設と分娩施設間で周産期情報を共有することができる仕組みです。

スマイルネット-脳卒中患者紹介システム

スマイルネットは脳卒中医療に関するオンライン共有データベースであり、急性期施設から慢性期施設まで、情報漏えいのリスク無くスピーディーに患者受け入れのやり取り・情報共有ができます。

眼科連携システム-眼科対象

今年度導入が決定した眼科連携システムでは、HFAファイルや眼底写真画像などの眼科特有の検査画像を施設間で共有・閲覧することができる予定です。

画像システム

2017年度導入が決定しました。


MMWIN加入の利点
加入の利点

MMWINに加入することで、施設経営に良い効果が生まれるとともに、有事に備えたバックアップ体制を確保することができると考えております。


導入モデル・ユースケース
病院・診療所例

転院受入時の情報共有
MMWINのシステムを用いることで、急性期病院から回復期リハ病院への転院申込・受入時の手続きや情報共有作業が容易になります。


他院での情報確認
自施設の患者を他院に紹介した際に、MMWINシステム上で紹介先の施設での診断結果や検査手法などを容易に確認できます。


画像検査結果受領
他施設へ画像検査を依頼した際に、MMWINシステム上で他施設での検査結果画像を確認できます。


薬局例

新患来院時の情報収集
新患が来院した際にも、MMWINシステム上で新患の過去の処方情報や禁忌・アレルギー情報を確認できます。


再診患者の情報確認
かかりつけ患者の処方変更があった場合、MMWINシステム上で病名・検査結果などを確認することができるため、処方変更理由をタイムリーに把握できます。